吹石一恵さん 宮藤官九郎さん  ゲゲゲの女房 (2010)

Bookmark this on Hatena Bookmark
[`twib` not found]
[`livedoor` not found]
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Share on GREE
Pocket
Share on StumbleUpon
[`friendfeed` not found]
Share on LinkedIn
Share on Facebook
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`choix` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
[`newsing` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
Share on reddit
[`evernote` not found]
email this
LINEで送る

吹石一恵さん 宮藤官九郎さん  ゲゲゲの女房 (2010)

私はゲゲゲの鬼太郎を観て育ってる世代ですので
ずっと気になってました。が

huluで観たんです。
官九郎さんがご出演なのも魅力を感じました。

観るまでは鬼太郎や一反木綿が出てくるおとぎ話を想像しておりました。


スポンサーリンク


ゲゲゲの鬼太郎って
1番最初のテレビアニメって
どこか怖くなかったですか?

内容は忘れちゃったけど、諸行無常みたいな、
そして不気味な見えない何か等が背景にあるような気がして
子供心にちょっと怖くて夜寝れないような、怖いもの見たさでした。
1968年1月3日 – 1969年3月30日の初期の作品ですね。

そのうち、なぜか回を重ねるごとに鬼太郎が勧善懲悪っぽくなったりどこか三枚目的になるように感じました。
私が大人になったのかもしれません。

大人になってから水木しげる先生が、戦争からお帰りになった兵士さんだったこと、戦地では過酷な体験をなさったと知り、
なるほどそれが鬼太郎の背景になるのかと自分なりに納得したものでした。

私の忘れられない映画の1つです。